ホーム

風俗のお仕事を始めようとして、求人を色々調べていると、「バック率」という言葉を見つけることがあるかと思います。

バック率とはつまり、お客さんが風俗店に支払うお金のうち、風俗嬢が受け取れる割合のことで、風俗嬢の手取り額÷お客さんが支払う代金×100で算出されます。

このバック率から、風俗の求人について、また風俗業界全体について見ることができます。

求人を見ていく上で、気になる要素でもあると思いますので、今回はこのバック率について見ていこうと思います。

extraordinary_00208

バック率の相場はどれくらい?

では、このバック率、大体どのくらいが相場なのでしょうか。

お店や運営形式によっていろいろと違いはありますが、デリヘルやホテヘルなど、お客さんのところに風俗嬢が派遣される場合は七割前後、ヘルスやソープなど、お店にお客さんが来る場合は五~六割、というのが相場のようです。

これはたとえば、それぞれ三万円のデリヘルとソープがあった場合、風俗嬢の手元に入るお金は、前者で約二万円、後者で一万五千から八千円、ということになります。

guilty_00012

どうしてバック率に差が出るのか?

では、同じ風俗なのに、なぜこうした差が出てくるのでしょうか?

これには、デリヘル・ホテヘル系と、ヘルス・ソープ系との最大の違い、つまり、大型店舗が必要になるか否か、という点が関係しています。

たとえばデリヘルの場合、お客さんのところに風俗嬢が派遣されるわけですから、大きなお店を構える必要はありません。しかし、ソープの場合、お店にお客さんがやって来るわけですから、お店を持ち、管理・運営していく必要があります。

その一方、同じ風俗業界、サービスの内容はそれぞれそんなに変わりませんから、店舗運営費を上乗せ、という形にしてしまうと、売り上げに影響してしまう可能性があります

そこで、バック率を調整することによって、店舗の運営費を得ているわけです。

ethnic_00032

冒頭にも書いたように、バック率は求人票として普通に公開されていますから、お仕事を探す時はよく見て、気を付けて選びましょう。

とはいえ、バック率が高ければそれだけでいいのかというと、そうでもありません。

バック率の高いデリヘルなどは、風俗嬢が移動しなくてはならないため大変ですし、場合によっては「チェンジ」されてしまい、十分なお金を稼げない可能性だってあります。

また、お客さんとの間に万が一トラブルがあった場合、ヘルスなど、店舗型の場合はお店の従業員さんが助けてくれますが、デリヘルではそうはいかない、という違いも重要です。

貰えるお金に直結するわけですから、バック率について調べておくことはとても大切。

しかし、求人を見る場合は、それだけでなく、他の条件を総合して考えるようにした方がよさそうです。

一般の企業でもそうですが、待遇を構成するのは、収入だけではありません。勤務条件など、色々な条件が重なり合っているわけです。

風俗においても、基本的にはそれは同じです。

雑な気持ちで求人を見てはいけませんよ!

Qプリ